イラストと3D イラストレーション メイキング

【風景イラストメイキング】雲の中から大型戦艦が現れるイラスト「雲の中から」

投稿日:2018年6月18日 更新日:

この記事では、上画像イラストのメイキングについて書いています。
制作ソフトはPhotoshop、サブでclipstudioを使用しています。

作者である私のその時々の制作意図や、考えをつづりながら
制作の工程を記録として書いていきます。

興味を持っていただけたら是非読んでみてください。

 

<作業工程動画>

 

 

↓niconico.ver コメント以外同じです。

 

スポンサーリンク

Photoshopを開きイラストのラフを描く、雲+人工物的な何か

 

 

新規キャンバスを開き、イラストのイメージを白黒で描きます。
この時は描きたいものをあまり深く考えず描くことにしました。

何パターンかラフを描いたところで、
今回は「雲の中から何かが出てくる」というイメージのこのラフを採用。

 

絵を作りながらイメージを固めていくことにしました。

 

ラフにカラーもつけてみます。
太陽からの光をメインの光(キーライト)としています。

 

メインの光部分をざっくりとオレンジ系、
影になる部分は、青系をのせていきます。

太陽側:太陽の色でオレンジ系になる。

影側:空の色が反射しているので青系になる。

そのような設定でざっくりカラーをのせました。

 

今回は色にさらに変化を持たせたかったので
雲の影のほうへ紫色を足していきました。

 

描きながらイメージを出していく

 

ここまで描いたラフに写真を重ねています。

私はこの段階での写真合成を、
イラストのイメージを出していくのによく使います。

 

ここまでのラフで、「雲の中から機械的な何かが出てくる」
というイメージが自分の中に出来上がってきたので、
雲の中に機械的なスクラップの写真を合成しました。

写真はTextures.comからダウンロードしています。

 

※写真には著作権があるので画像検索の画像等は使えません。

フリー素材でも規約がサイトによっていろいろ違うので
イラストの素材として使用して良いものなのかは
ちゃんと利用規約を読んで使用します。

 

写真を重ね、作ったイメージを元に、
簡単に線画を描いてみました。

 

この時点のイメージで出てきたものは歯車。

合成したスクラップの写真の色から、
”錆のある感じ→古い機械→歯車”と連想していきました。

 

また雲の中から現れてくるので、
「今雲の中に突っ込んできた戦艦のようなもの」
と想像して描きすすめました。

描いた線画に沿って、
地面と雲と背景にレイヤーを切り分けています。
これはそれぞれのオブジェクトごとに管理しやすくするためです。

 

出したイメージを固めていく、クリスタで幾何学形態を描く

 

形を具現化していきます。

 

制作はPhotoshopメインで進めていますが、
歯車シルエットの制作だけclipstudiopaintの対象定規で作成しました。

clipstudioはパース定規や対象定規など
Photoshopとは一味違った独自の便利な機能が
あるので補助のペイントソフトとして重宝しています。

 

全体のシルエットが出てきたところで
簡単なライティングをしました。

 

オブジェクトの形がどんなに変わっても、
単純な立体に当てるライティングの基本がベースになります。

今回の制作法では、全体感が把握しやすいように
オブジェクトの細部の形は無視して、上記で作ったシルエットに
ほとんど球と同じようにライティングをしています。

戦艦のシルエットに光、影、反射光の
基本的なライティングだけ施しました。

 

描きこみ

 

雲を細分化し、雲から出てきている戦艦部分に
金属の表面のテクスチャを張り、情報量を増やします。

 

この絵のメインはこの雲から出てきた戦艦の辺りなので
ここを中心に全体の情報量を上げていきました。

雲と戦艦の大きさを見せたかったので、
地平付近から小さな雲から描き、徐々に大きな塊の雲にしていきます。

背景は味気なかったのでこちらにも雲を足していきました。

 

周りの情報量を上げるとメインの戦艦周辺の情報量が
足りなくなって平面的になってくるので描き足します。

機械っぽいパーツやラインを書き加えて形を整え、
戦艦に引っかかる雲や、メイン周辺の雲にも小さな雲を足していきました。

また雲から落ちる影や、雲と雲の境界線なども決めていきます。

 

色味の調整

 

金属の光が最も反射して眩しいであろう場所に
レンズフレアを足し、手前の丘と女の子を描きました。

 

イラストのコントラスト的に手前は暗いままでも
よかったのかもしれませんが、
絵が暗い雰囲気になってしまったので明るく描くことにしています。

 

最後にイラストの色味をいろいろ調整し、試してみています。
モチーフ的にノスタルジックな雰囲気が似合うのではないかと考えました。

(最初にそう思ったのはスマホに移して、スマホでの見え方を見たり
エフェクトをいろいろかけているときでした。)

黄色っぽい感じを強くしたほうが良いか、
四隅を暗くしてしまったほうが良いか、などノスタルジックをテーマに
フィルターをかけたり、画像を重ねたり
カラーバランスをいじったりして試しています。

 

最終的に冒頭の感じに色を調整し完成としました。

 

 

終えてみて

全体が煩雑なイメージなってしまったこと、
ラフのカラーの良さと全体感の勢いを殺してしまったこと
が大きな課題点として残りました。

 

そのため、ぱっと見の印象が弱くなってしまった感じがあります。
ですが、逆に言うと手数を短期間で出せたことは成功でした。
スケール感も上手くいったのではないかと思います。

 

今回のイラストメイキングの動画は
ニコ動の新参者である私ですが、トップのおすすめに取り上げていただけて、
(誰か基準を教えてください;)
多くの人に見てもらうことができました。
コメントもいただけてうれしみの限りです。

 

私の作品はこちらのサイトにまとめています
https://ozorametoro.com/

上手くまとめ上げ明快さと複雑さを兼ね備えたイラストを
描いていきたいと考えるようになっていきました。

 

■今回使用したペイントソフト

・メインのペイントソフト 【Photoshop CC(私はフォトプランで使用しています)】
公式ページ→Photoshop

・サブのペイントソフト 【CLIP STUDIO PAINT PRO】
公式ページ→CLIP STUDIO PAINT PRO
※このリンクは広告リンクです。
当ブログ内の広告リンクの取り扱いに関して、詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

●今回使用しているテクスチャ写真のDL公式ページ↓

textures.com→https://www.textures.com/

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-イラストと3D, イラストレーション, メイキング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Photoshopイラストメイキング】キラキラの星が降ってくる星空の絵「星の降る日」

この記事では、上画像イラストのメイキングについて書いています。 制作ソフトはPhotoshopです。 作者である私のその時々の制作意図や、考えをつづりながら 制作の工程を記録として残していきたいと思っ …

造形をデジタルへ、私がZbrush使う理由と基本操作を覚えるまで。

  今回は私の立体造形制作をアナログから3Dスカルプトソフトzbrushを使い、デジタルに移行していったことについて書いています。   アナログとデジタルどちらも一長一短がありどち …

イラスト描きがストックイラストを始めた理由「私の場合」

    こんばんは、フリーランスクリエイターの大空めとろです。私は「様々なものを描き、作っていく」ことを目標に活動し、ブログトップのようなイラストや3Dスカルプトを現在では主にして …

【zbrush】立体造形デジタル化のメリットと思う3つのこと。

  今回は私の3Dモデルを扱えるメリットを私見で書いております。   今回の記事は造形をデジタルへ、私がZbrush使う理由と基本操作を覚えるまで。の記事の続きです。   …

ストックイラストから。シルエットと組み合わせでイラスト作成してみました。

  今回は前回のこちらの記事に引き続き、ファンタジーをテーマにシルエットから初めて、要素の組み合わせで作成したストックイラストの作品をご紹介していきたいと思います。   ここで紹介 …